専門商社向け転職エージェントランキング

専門商社への転職をお考えなら

様々な業種に専門商社が存在しています。これからの社会情勢を鑑みて、転職先として専門商社を選択肢に入れている方も多いのではないでしょうか?まずは転職エージェントに登録するのが近道です。

中でもDODAエージェントサービスは専門商社全般の転職に強いと言われています。求人案件も豊富で、常に最新の情報に触れることができる点もおすすめの理由です。一人での転職活動に不安を感じているなら迷わずに相談してみましょう。

専門商社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
DODAは非公開求人の多さで支持されている転職エージェントです。大手専門商社が手掛けている極秘プロジェクトの情報を入手し、その担当をしてくれる人材の募集も出ることがあります。商社への転職実績の高い転職エージェントで、特に業界未経験者や第二新卒のようなキャリア不足の人材の転職成功事例が多いです。面接対策をはじめとして、キャリアコンサルタントがトータルサポートをしてくれるからです。人気専門商社とのパイプも太いです。

リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職成功実績は業界トップクラスと言われるリクルートエージェントは、専門商社への転職事例が豊富にあります。第二新卒の方のサポートも充実していて、専門の転職ノウハウを持っているのが強みです。とくに外資系の専門商社の案件を多数抱えていて、グローバルキャリアの積み重ねのチャンスもつかめます。キャリアアドバイザーは専属でサポートしてくれるので、採用担当者との折衝もしっかり行ってくれます。

マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
専門商社の中でも専門性や特殊性の高い案件を数多く取り扱っているのが、マイナビエージェントの強みです。自分の専門性の高いキャリアを生かしたいと思っている人におすすめです。専門商社に転職したいけれども具体的な会社選びの出来ていない人のために、マッチングを行ってくれます。1日4回求人情報は更新され、リアルタイムの情報に接することができるのもマイナビエージェントの魅力といえます。

専門商社の転職事情は?

「ビジネスマンの花形」とも見なされる商社。特に総合商社はいつの時代にも「憧れの職場」の代表選手のようになってきましたが、一方でそれらの総合商社の子会社や関連会社として活動する「専門商社」に注目する新卒者や転職希望者もいます。総合商社が多様なジャンルの商品やサービスを扱うのに対し、ある特定の分野に特化している専門商社は、その分野におけるエキスパートとなることができ、かつ高い営業力も必要となる為、この分野で活躍してみたいと思う人が少なくないのです。勿論給与や待遇の面でも非常に魅力的であることも人気の理由の1つ。このように常に一定の人気を誇る専門商社への転職は、やはり「狭き道」、楽勝とはいきません。

専門商社への転職が簡単でない理由の1つは、前述のようにその希望者が多いことが挙げられるのですが、加えて商社の採用姿勢が基本的に「新卒から採用してじっくり育てる」というものだからです。ですから転職希望者の中途採用というのは、「この人材は即戦力になるから是非来て欲しい!」と思えるような場合に限られることが多いのです。欲しいのはすぐにでも会社に貢献できる人材であり、「可能性のある人材を採用して育てる」という発想はないわけです。専門商社の人事部がそのように感じる人材ともなれば、今現在の職場からも「辞められたら困る」と引止めに遭う人、会社によっては「給料アップするから思い留まってくれ」などと懇願されるようなレベルになっていなければならないでしょう。転職希望者としても、前職に対してやや後ろ髪を惹かれるような思いで辞めるくらいの感覚が必要です。

ここまで聞くと、「え〜そんなにハードルが高いのか・・」とガッカリして戦意喪失してしまうかもしれませんが、ここで明るいニュースが1つ。現在商社全体として、「新卒者を率先採用して育てる」という採用スタンスから「中途採用で弱点を補う」という採用スタンスに移行しつつあるとのことです。その証拠に、大手総合商社が大規模な中途採用を行い新卒者の約8割にまで上っているとのこと。これはかつて2000年前後に生じた「インターネットの普及により手数料ビジネスである商社は不要になる」という噂により当時新卒採用を数年間ストップさせたことによる後遺症だそうで、これにより人事的に組織バランスが狂い急きょそれを補う形で中途採用が必要になっているのだそうです。この余波は専門商社にも及んでいるため、専門商社でも中途採用の枠が広げられており、「どうせ中途採用するなら○○の分野に強い人が来てくれたら助かる」という形で転職者の中途採用に力を入れているところが増えているのです。

専門商社の転職とやりがいについて

「商社マン」と聞くと「仕事をバリバリとこなすエリートビジネスマンの花形」といったイメージがあるかもしれませんが、一方で「商社マン=顧客企業に何かを売る営業マン」といったぼんやりとしたイメージしかない人も少なくないでしょう。では、商社の中でもある特定の分野に特化した商品を提供する「専門商社」の商社マンにはどんなやりがいがあるのでしょうか。

まず覚えておきたいことは、専門商社の商社マンとメーカーの営業マンとではその仕事内容に違いがあるということです。どういうことかと言うと、メーカーの営業マンの場合、会社から「これを売ってきなさい」と商品が指定されており、内心「こんなの売れないだろう」と思ったとしてもその会社の営業マンとして一生懸命その商品を売り込まなければなりません。しかし商社マンの場合は、まず自分で「これはきっと売れる!ブームになる!」と思える商品を発掘し、自社にその商品の価値についてプレゼンします。このプレゼンが通ればその商品を手に顧客企業に売り込みに行きます。自分自身が見つけ出し惚れこんだ商品ですから、営業に対する姿勢も違います。何より自分の予想通りその商品が売れ始めヒットし始めるのを見ることができたなら、これ程やりがいを感じることはないでしょう。そしてそのような商社マンは会社にとっても利益を生む金の卵ですから、間違いなく昇進し、それは給料にも反映されます。自分の仕事の結果が社会で目に見える形で反映されており、また給料という形できちんと評価されるわけですから、そのような商社マンにとっては「この仕事は天職だ!」と感じるはずです。

しかしこれは商社マンの理想的な成功例であり、当然誰もかれもがこのような成功を収めることができるわけではないでしょう。それでも商社マンには十分なやりがいがあると言えます。まず、自社が取り扱う商品分野のエキスパートになることができ、かつ営業能力も磨くことができるという点が挙げられます。その商品の魅力について自分自身が熟知しており、それを最初は渋っていた顧客である相手に納得させ購入させるという高い専門技術がどんどん身につき成長していっていることを自分自身が感じられるようになれば、益々商社マンとしてのやりがいを感じられるようになるでしょう。特に専門商社業界も競争率が高い為、厳しい業界の中でどれだけ自分の力が通じるのか試してみたいという意欲のある商社マンは少なくないようです。


Copyright (C) 2016-2018 専門商社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.